ほくろの部分に対しての医療レーザーに関して

ほくろの部分に対しての医療レーザーに関して

レーザー脱毛と言いますのは、むだ毛のメラニン色素に対して医療レーザーを吸収させることによって、高熱を発生させ、むだ毛を新しく作り出す毛母細胞に対してダメージを生じさせるというアプローチで実施されます。
その結果、肌の表面にメラニン色素が出来上がっているほくろに関しても医療レーザーが吸収され火傷を被ってしまう懸念があることから、ほくろ部分に医療レーザーをあてることができません。
医療施設においては、レーザー脱毛のみならず電気ニードル脱毛のケアを供しているケースがあります。
電気ニードル脱毛につきましてはむだ毛が発毛してくる毛穴に対してダイレクトに針を差して毛母細胞に、針を介して電気によるダメージを生じさせるので、毛穴があります皮膚にほくろがありましてもむだ毛の毛母細胞にダメージを生じさせることが実現可能です。
しかしながら、医療施設の中にあっても電気ニードル脱毛を敢行することができる所は、一部分で、多くのケースは、医療脱毛となりますとレーザー脱毛を意味します。